So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クリスマスカードの作成 [アメリカ生活]

 昨日は徹夜で、Christmas card作りに励み、今日、郵便局にエアメールを出しにいきました。クリスマスにはまだ間があるので、なんとか間に合うでしょう。

 アメリカからなんで、年賀状ではなくクリスマスカードという形にしたのですけど、あまり作戦を考えず、行き当たりばったいで作り出したので、かなり手間がかかってしまいました。

 まず、こちらで写真プリントとして最もポピュラーな4×6インチのサイズでデザインを作ったのです。写真用のインクジェット用紙もこれがメジャーなサイズなので。
私としては、メジャーなサイズなので、この大きさの紙が都合良く収まる封筒があるだろう・・・という勝手な想像をしていたわけです。

 ところが売って無いんですよね。
 インターネットで規格をみると4 3/4の× 6 1/2インチという封筒があるはずなんですが。近くの文房具屋(Office max)には売っていない。
 
 4×6インチの用紙が入る一番小さな封筒は横長の封筒(4 1/8の× 9 1/2インチ)。これだと短辺はピッタリですが、長辺が余ってしまい格好が悪い。

 もう一つ大きなサイズの封筒は、5 1/4の× 7 1/4。なので写真サイズを5×7にしてみようかとも思ったんですが、この封筒はなぜか、中に入れるカードとセットで販売されているモノがほとんどで、封筒だけで売ってないんですよね。市販されているクリスマスカード+封筒のセットは、このサイズ。


P1080556.jpg
市販されているクリスマスカード
しかし腐ってもPhotographer(笑)
あくまでオリジナルに拘りたいのであった。


 4 1/8の× 9 1/2インチの封筒には、クリスマス用のデザインがされたものがいくつか売られていたので、なんとかこれを使いこなす工夫をすることを考えました。8.5×11インチサイズの用紙を切断し、3.6×8.5インチサイズの横長のカードを作るという手もあったのですが、、すでに調整済みの写真を変更するのも面倒なので、横長の台紙の上に4×6インチサイズの写真を貼るという方法に決定。

作業工程は
・4×6インチサイズに写真用インクジェット用紙にプリント。
・裏面に名前と住所を印刷したクリスマスデザインのシールを貼る。
  もともと表面に住所と名前を入れ込んだのだが邪魔くさいので裏にした。
・レターサイズの紙に台紙のデザイン&文字をプリントし、さらに横長のサイズに切る。
  写真で隠れる部分にもデザインや文字を入れてある。
・台紙に写真を貼る。
・封筒に宛名をプリントする。
  Macアドレス帳のデーターを,Appleのワープロソフト「Pages」で差し込み印刷
・封筒に、写真を貼った封筒を入れる。

 それを、部屋中散らかしながら徹夜で作業してなんとか仕上げた・・・というわけです。
 

P1080555-Edit.jpg

 
両面印刷が必要だとはいえ、とりあえず「印刷」という作業だけで片が付いていた「年賀ハガキ」と比べ、おそろしく手をかけてしまいました。

ちょっと台紙の完成度、クオリティーが低いのが難点なのですが、「手間」を評価していただき、ご了承願いたく・・・

来年はもうちょっと真面目に考えます。

たぶん、横長のカードを最初から作るかな。


タグ:クリスマス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

Greetings everyone. specially American people
I'm sory. this site is only Japanese.The written Japanese in this blog is complicated and have not been organized. So the automatic translation may be difficult . English is used on my flickr page which has a lot of bigger pictures with high quality. Please see my flickr page. Thanks.

BlueRidgeWalker またの名を「富嶽仙人」のアメリカ南部生活記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。