So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

GARMIN OREGON450も初陣!! [GPS]

実は先週、GARMIN OREGON450も初陣でした(^^)

やっぱり、持っていると心強いですわ。

ソフトウエアが付属していたんだけど、インストールし立ち上げてOREGONと接続したら、バージョンアップが必要です・・・だって。同梱なのに・・・(^^;

garmin01.jpg

OREGONの中のトラックデータをBAseCampというGarminの地図表示ソフトでMAP上に表示させたのがこれ(上)です。滝のトレイル・・・細かいトレイルまでは記載がないんですよね。やはり自分でデータを予め入れておかないと、トレッキング地図としてそのまま使うという訳にはいかないようです。

garmin3.jpg

アシュビル(左下)からブルーリッジハイウェイはこんな感じです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Oregon450到着 [GPS]

先日、山でGARMINのGPS、「Oregon」をなくしまして、買い換えました。ほぼ同じモノ「Oregon450」。外観も機能的もほぼ変わらないので感動は全くなく、あるのは自分自身の不注意に対する後悔のみ。

GPSを落としたシーザーズヘッド州立公園@SCの話はこちら。
http://ifugaku.blog.so-net.ne.jp/2011-04-21-1

もともとアメリカ出張時のカーナビとしての使用も考慮し、北米の道路地図を入れていたのですが、今はカーナビとしてのGPS、いわゆる「nüvi」も持っているので、今回はアメリカ東南部のTOPO MAPを購入して入れました。きっと低山徘徊の有力ツールになってくれるでしょう。

東南部のTOPO MAPの容量は4GBを越えているので、使いそうもない部分を少し省いて、Oregonの中に入れた4GBmicroSDに転送しました。

MAPに付属しているソフトが不親切でわかりにくいですが(私の話はMacのケースです)、ソフトの転送は、まず本体に空のあるmicroSDカードをセット。そしてMACに繋いで、付属のCDからMacにインストールしたMaoInstallを起動。デバイスの選択ではGarminにセットしたmicroSDを選びます。続行するとTOPO MAPの範囲を示す地図が出てくるので、データがmicroSDカードの空き容量範囲内になるように範囲を選択して、転送を実行します。

このMapに関してはンロック解除という操作は必要ありません。以前購入した日本と北米の道路地図データは、デバイスのIDナンバー、シリアルナンバーを登録してアンロックすることが必要で、今回のようにデバイスを無くしてしまうと、そのGPSで使っていた地図もろとも失ってしまうことになります。北米の地図も日本の地図も、DVD、もしくはmicroSDカードにデーターは残っているのに、実際には使えないという無情な事態に陥っています。使い回しを避けるという意味合いはわかるのですが、もうちょっと緩くしてほしいなぁ・・と思いますね。3台までOKとかさ。その点TOPOマップはGoodです。

TOPOマップといっても道路情報も入っており、ドライブ用のナビゲーターとして機能します。ただ実際に使おうとすると、等高線が邪魔で視認性が悪い。やはりドライブ用には道路地図が適しているのだと思います。また面積あたりのデータ数量が多いためか。地図のスクロール、表示にかったるさを感じます。でもまぁ・・実用範囲かな。

私はアメリカ東南部から出ることはほとんどないので、当面これで不自由はしないつもりです。
ニューヨークだの、ロスだのという都市出かけた場合には、iPhoneでを使えばいいわけだし。

中西部の国立公園に出かけるときはどうしようか、・・・と、いうのはまだ考え中。

20110424-IMG_0730.jpg
New Orleans iPhone4  MoreLomo
とても綺麗に飾り付けられていて、いかにも撮ってください風な家。
カメラを向けたら洗車中のおばさんがやたら照れていた。

もう一つのショッキングな出来事 [GPS]

加藤さんの病気の話もショックだったんですが、もうひとつダイレクトにショッキングなコトが起こりました。

ハンディーGPS「Oregon」を落として無くしました

20110417-IMG_3595.jpg

日曜日にサウスカロライナとノースカロライナの州境付近の山をトレッキングに行ったのです。私の場合予めトレッキングコースをマークしておくことはめったにしないんですが、いつも起動させて軌跡を描かせておくんです。それがガイドブックに書かれているコースマップの形になっているとかなり安心できるんですな。もちろん、いまどの当たりの位置にいるかは当然わかる。そして少なくとも元の位置には絶対戻れる安心感。これがGPSを持って行く理由です。もともとロクな地図を持って無いんで、GPSが無いとちょっとおっかないんです。

ナショナル・ジオグラフィックのカメラザックW5070には、ショルダーベルトにーたぶん元々は携帯電話収納用のつもりのーホルダーが付いているので、このザックを使うときにはそこにOregonを入れることにしてたんです。ただ、そのポケットのサイズがOregonのピッタリすぎちゃって、背負った状態だとちょっとキツイときがあるんですね。歩きながら収納する時スッと入らなくて、まぁいいやとシャツの胸のポケットに入れたんです。そこから先・・・・行方が知れません(T_T)、記憶にございません(T_T) 胸のポケットから落ちたのか、それともザックを降ろしたとき、無意識にOregonをどこかに置いて、そのまま忘れてしまったのか・・・

気がついてから、かなりコースを逆走して探してみましたが、見つからず。しかも脚力がすっかり衰えているのにもかかわらず、高速逆走したために、足は攣りそうになるしで、踏んだりけったり。最後の駐車場までの登り道は実に辛かった・・・です・・・深い深い悲しみと疲れのWパンチ・・・。

それはそうと無くしてしまったGPS、Oregonってのはとっても高いんですよ。日本で買った時、本体で4万円以上(日本語仕様は10万円近い)しました。だからこその逆走探索なワケで・・・はぁ・・・

20110417-IMG_3615.jpg

私の持っていたのはOregon300。既にモデルチェンジされていて、今のラインナップはカメラ無しのOregon450カメラ付きのOregon550。300から進化した機能は、電子コンパスが3軸になったくらい。いやぁ~同じの買ってもつまらないんでカメラ付きにするかな(爆)。

今コンデジってGPS付きのものがずいぶん出ているんですが、あれってスイッチ入れてもすぐ衛星を補足して測位できるわけではないんですよね。それなりの時間がかかる。GPSならスイッチを入れている限り測位しているわけで、記録用としての使用だったら、GPS付きカメラより、カメラ付きGPSのほうが良いかなぁと思うんです。

でも「おまえiPhone持ってるだろ!!」と言われればその通り・・・・

Oregon450が$324.12、カメラが付くと$428.00 、カメラ分が一万円。まぁ冷静に考えたらカメラ無しの450ですよね(^^;

地図は以前はカーナビに使うことも想定していたんで道路地図「CityNavigator」を入れていたんですが、ガーミンのカーナビは別に持っているので、こんどは地形図を入れるつもりです。

TOPO U.S. 24K Southeast DVD  $94.79  (Amazon)
アメリカ東南部のGarmin TOPOなんて買う人少ないだろうなぁ・・・(^^;

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

GoogleMapからGarminGPSにWaypointを転送する方法 [GPS]

備忘録的に・・・(^^)
  GoogleMapからGarminGPSにWaypointを転送する方法.

 私は今、カーナビにGarmin nuvi255Wを、さらにハンディーGPSとしてGarmin OREGON300を使っています。iPhoneが便利になりすぎてOREGONのほうは、ちょっと休眠気味ではありますが、そのタフさはiPhoneには代え難いものがあり、今後も使っていく予定です。

 旅行へ行くときは、現地で情報収集なんてこともあるのですが、英語の苦手なアタクシですから日本語のように容易に情報を収集できません、現地の看板なども英文だと見落とすことが多いです。なので、旅に出る前の事前の情報収集と、それの現地で使いやすいような加工が、現地での行動の効率化の鍵になります。安全確保の鍵とも言えるでしょうね。

 とりあえず行くかもしれないところは、全部GPSのWaypoint(お気に入り)に入れておくというのが、賢い方法の一つです。

 そこで、一番簡単だと思われる「GoogleMapからGarminGPSにWaypointを転送する方法」を紹介します。いままでこれを知らなかったので、時間をかけて作業したり、めんどくさいから全然やらなかったり・・とそんな状態でした。



 まずは、ここからGarminの提供するブラウザ用プラグインをインストールします。WindowsとMacの両方が提供されています。インストールしたら、GarminのGPSを、USBでMac(PC)に接続します。

 PCでGoogleMapを起動。必要な場所を検索して探しだします。探し出せたらその場所を選択して「送信」をクリック送信先に『GPS』を選ぶと、Garminのホームページ経由で、GPSに位置情報を転送することができます。

Chicago.jpg


GAMIN.jpg

 nuviでもOREGONでも上手くいきました(^^)

             便利、便利・・・(^^)

 

タグ:GPS
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行
Greetings everyone. specially American people
I'm sory. this site is only Japanese.The written Japanese in this blog is complicated and have not been organized. So the automatic translation may be difficult . English is used on my flickr page which has a lot of bigger pictures with high quality. Please see my flickr page. Thanks.

BlueRidgeWalker またの名を「富嶽仙人」のアメリカ南部生活記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。